光の喪失

罪は闇となって彼を包み込んだ。

ノムラユーリ

13分 (7,203文字)
心象風景を描いた短編小説。

6 229

あらすじ

彼は一人、暗澹たる暗闇の中を歩いていた。鮮紅色に輝く満月だけが一際輝いて見える。月はまるで、彼の犯した罪を責めるかのように、彼のあとを追い続けていた。辺りは暗闇に包まれているというのに、月に照らされた

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る