突然のプロポーズ

1/3
832人が本棚に入れています
本棚に追加
/153

突然のプロポーズ

遠く、眺めているだけだった。 話しかけることも、近付くことも出来ずに。 人の話題の的になっていた貴方の噂を聞くだけで満足して、憧れの中で膨れゆく恋心は、女性なら誰しも少なからず思っていたものだろう。 身分違い。雲の上の存在。 ミーハー的で、叶わないと分かっていて、ただ刺激のない毎日に彩りを添えたかっただけの、単純で簡単な思考で宿した想い。 貴方は、浅ましくもみだりな気持ちを持った女の、そのターゲットにされた人。 それだけの人だった。 あの時までは…… この国にはない黒髪に黒い眼、神秘的で崇高な異国情緒あふれる姿は数多の視線を釘付けにする。 長身で精悍な肉体に纏う正装は、最高位である騎士だけに許された白地に銀の刺繍が光り輝き、容姿と相まって恐ろしいほどのオーラを放っていた。 王の主催による夜会。 異界から訪れた貴方の、これまでに積み上げた奇跡のような功績を称え、本日も華々しく豪華絢爛に開催されていた。 乱れ飛ぶ談笑、奏でられる音楽に合わせ広間で優雅にダンスを愉しむ男女、開けられた大窓は手入れの行き届いた庭先へと続き、部屋の照明から外れ喧騒から休めるスペースが設けられている。 見習い侍女のわたしは、先輩の指示のもと全体を見回して、食事や飲み物の補充や貴族である紳士淑女の要望に耳を傾けて、忙しなく動き回っていた。
/153

最初のコメントを投稿しよう!