第二章 ニオイ対決!

1/9
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/109

第二章 ニオイ対決!

「先生っ! 勾坂さんが、気を失いました!」  隣に座っていた女子が、亜里沙に向って手を挙げた。 「えぇっ? どうしたの? 男子が私の魅力に倒れるってことはよくあるけど」  と、ドベ子の席に歩み寄って、ドベ子の顔を覗き込んだ。よだれを垂らして、気を失っている。 「ちょ、ええと、勾坂さん、どうしたの? 大丈夫?」  後方で見ていた美佳、が驚いて駆け寄った。 「わわ、先生、ちょっと待ってください。この子は、眼鏡が緩むとダメなんですよ」  美佳はドベ子の眼鏡のパッドをきつく締めてやった。そして、耳元で、ささやいた。 「ほれ、手羽先の時間だよ」 「は!? 手羽先、どこ、どこ?」  よだれを垂らしたまま、ドベ子は目を覚ました。驚いたのは、亜里沙だった。 「な、なに? このコントみたいな展開は?」 「あの、先生。ドベ子……じゃなくて、勾坂さんは、嗅覚が良すぎて、時々、気絶してしまうんですよ。特異体質なんです」  亜里沙は眉を少しひそめて、「アハハ、面白い冗談を言うわね」と言った。
/109

最初のコメントを投稿しよう!