第四章 美男と野獣

1/5
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/109

第四章 美男と野獣

西に沈みゆく赤黒い陽の光が差し込む一年五組の教室には、ドベ子と美佳、それに幸太と担任の亜里沙が残っていた。 「みんなの前では強がったけど、私の完敗だわ。人類で一番の嗅覚は、伊達じゃないわね。信じられないけど、信じちゃうわ。私の父は耳鼻科の医者で、ニオイの研究をしているの。だから一度、あなたを診てもらいたいわ」 「え? 誰に何を見せるの? 私の鼻の穴?」 「そうね、あなたの驚異的な嗅覚を、科学的に検査、検証してみたらどうかと思ったのよ」  ドベ子は、急に頬を赤らめ、イヤイヤと首を振った。 「ヤダ! 怖い!」  美佳は「うむうむ」とうなずいた。 「別に怖くないでしょ。いい機会だから、診てもらったら? あんたの鼻は異常なんだから。それがはっきりすれば、すっきりするじゃない」  亜里沙の父は那古野大学医学部付属病院の耳鼻科の医者で、嗅覚についても深く研究をしているという。
/109

最初のコメントを投稿しよう!