ある暑い日のお話

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/1

ある暑い日のお話

 夏を司る精霊が多く棲まうオヴェリア群島連邦共和国の海域は、空気が僅かな湿気を帯び、太陽の光が照り付けて蒸し暑さを擁していた。  マストに広がる帆が作り出す日陰で暑さを凌いでいたヒロたち一行は、着用しているマントや外套(がいとう)などを脱ぎ、腕を露出した普段よりも涼しげな井出達だった。  オヴェリア群島連邦共和国出身で暑さ慣れをしているはずのヒロでさえ上着を脱いでいるほどなので、それだけ今日の暑さが厳しいものなのだと見受けられる。  夏の精霊たちの動きが活発になる時期に差し掛かり、暑くなることを予見していた観光委員会の配慮から、“ニライ・カナイ”行きの航行船には“水属性”魔法を操って氷を作り出す術を持つ料理人が配属されている。  そして、その日は乗船客たちに冷菓――、俗にいう“アイスクリーム”や“シャーベット”といった珍しい食べ物が振る舞われていた。 「あっ。アユーシのアイス。結構ラム酒が効いているね」  アユーシから差し出されたスプーンに乗せられるアイスクリームを口に含み、ヒロは感想を述べる。その表情は与えられたアイスクリームの味に対して驚いたものを窺わせ、それにアユーシは幾度か頷く仕草を見せた。 「でしょ。こんだけ濃いラムレーズンのアイス、おねーさん初めて食べたわ」 「あんまり食べると酔っぱらっちゃいそうだ」  ヒロは言うと屈託なく笑う。そして、自身が手にする器からアイスクリームをスプーンで掬い取ると、アユーシに差し出す。 「はい、アユーシ。あーん」  ヒロから差し出されたスプーンをアユーシは躊躇(ためら)いなく咥える。口に含んだアイスクリームを舌で転がすように味わうと、眉間に皺を寄せて微妙だと言いたげな面持ちを浮かした。 「……なんこれ。ヒロちゃん、流石にこれはミスチョイスっしょ」 「カカオ豆のお菓子と香草を組み合わせたアイスだっていうから、気になって選んでみたんだけどさ。美味しいって言えば美味しいけど、何とも表現しにくい味だよね」 「いや。これが美味しいってないわ。妙な味ってか何てかさ」 「ユキの選んだ林檎のシャーベットが一番サッパリしていたねえ」  露骨に嫌そうな色を表情に浮かしてアユーシが口にすると、ヒロは選抜を間違えたと自嘲するように短く嘆声(たんせい)をついた。  話頭に出されたユキは、会話に混ざることをせず、黙々とシャーベットを口に運んでいる。  ヒロとアユーシのやり取りを、遅れて一同の元に戻ってきたビアンカは、眉間に僅かな皺を寄せて凝視してしまう。怪訝さを醸し出して佇むビアンカに気付いたヒロは、スプーンを握る手を振るう。 「お帰り、ビアンカ。遅かったね」 「……ええ。どれが良いのか、悩んじゃって」 「あはは。色々な種類があったからね。僕も悩んじゃったし」  ビアンカは、振る舞いとして出される冷菓の味を選び悩んでいたため、ヒロたちよりも遅れて日陰に足を踏み入れる。生温い潮風ながらも日陰で風に吹かれることに安堵の様を窺わせ、器に盛られる冷菓をスプーンで掬って口に運ぶ。ひんやりと冷たい食感と、酸味の中に甘さを感じる冷菓に表情を綻ばせた。  その様子を見守っていたヒロまでも、口元を緩めて微笑んでしまう。 「ビアンカ、美味しそうに食べるねえ。何味にしたの?」  自身もアイスクリームを口にしながらヒロは問う。視線はビアンカの手元の器に移され、彼女の食べている冷菓に興味津々の様相を示唆していた。 「サッパリしたのが良いって言ったら、柚っていう柑橘系のシャーベットを勧められたわ。酸っぱくて甘くて美味しい」 「あー。群島の果物だね。紅蜜柑(オレンジ)の仲間だよ」 「へえ、そうなの。紅蜜柑(オレンジ)より酸味が強い感じがするわね」  ビアンカが感心したように口にすると、ヒロは頷く。かと思えば、にこやかな笑みを見せた。 「ねえねえ。僕にも少しちょうだい」  不意にヒロの口から出された言葉に、ビアンカは翡翠色の瞳を丸くした。子供のように瞳を輝かせるヒロの口弁は、ビアンカに笑いを零させる。 「良いわよ。――はい、どうぞ」  物欲しげに催促をしたヒロへ、ビアンカは柚味のシャーベットが盛られる器を差し出す。すると、ヒロはふるふると頭を左右に振るった。 「食べさせて」 「え……?」  ヒロの口をついた言葉を耳にして、ビアンカは瞳を瞬かせた。何を言っているんだろうという心の声が、ビアンカの顔に露わになる。  さようなビアンカの表情を目にして、ヒロは不思議そうに小首を傾げた。 「だってさ。こっちのスプーン使うと、味が混ざっちゃうでしょ?」  他意は一切無く、当たり前のこととして発せられたヒロの言。それにビアンカが二の句を告げられない状態を見せ、その様子を生温かい目で見守るアユーシとユキは苦笑いをしていた。 「あーん」  ビアンカが唖然としたままでいるのを気にも留めず、ヒロは僅かばかり腰を屈めてビアンカに身を寄せると、さも当然のように口を開けた。  求められるままに、ビアンカはシャーベットをスプーンで掬い取るとヒロの口元に運ぶ。ヒロは提供されたそれを口に咥えると嬉しそうに破顔した。 「ん。柚のも美味しいなあ。やっぱり果物のシャーベットにすれば良かったかも」  ビアンカからシャーベットを与えられたヒロは満足げにしつつ、唇を舐めながら言う。小さく「失敗したなあ」などと零し、手にしている器に盛られる青緑色に茶色の縞模様を呈するアイスクリームをスプーンで掬い取った。 「はい。ビアンカにもあげる。食べてみて?」  満面の笑みでヒロはビアンカにスプーンを差し出す。ビアンカは差し出されたスプーンとヒロの顔を交互に見やってしまう。  ヒロは邪気を感じさせない笑顔でいるため、妙な考えを一切抱いていないことをビアンカに推察させる。そのため、彼女はぎこちない動きで、自身に向けられるスプーンを口に含んだ。 「どう?」  ゆっくりと腕を引いてビアンカの唇からスプーンを滑らせ、ヒロは小首を傾げて問いを投げる。口の中に入り込んだアイスクリームの味に、ビアンカは顔を(しか)めて眉を寄せていた。 「……歯磨剤みたいな味がするのね」  青緑色という、食べ物にあるまじき色彩をしたアイスクリームだったため、何味なのかビアンカは疑問に思った。そして口に入れた瞬間に、その味が何に近いかを察し、思ったことを口に出す。  瞬く間にヒロの顔付きが、今まで懐疑していた正体に行き当たったものに変わった。 「あー、そうか。これ、歯磨き粉の味なんだ……」  ビアンカの返弁に、ヒロが領得を声に乗せる。そうした呟きを耳にして、アユーシとユキが噴き出した。 「あっはは。そうだわ。それ、歯磨き粉の味さね」 「ああ。何かスッキリしたな」  ヒロの選んだアイスクリームの味は、中央大陸東部の名産品であるカカオ豆で作られた菓子――、“チョコレート”と呼ばれるものと、爽やかな香りが特徴の香草、“ミント”を練り込んだものだった。  重く濃い甘味の中に鼻に抜ける爽やかな香りが不可思議な印象を持たせる。独特な風味は、正に歯磨きで使用される歯磨剤そのものであった。  見た目の色は味の爽やかさを表現するため、わざわざ食用の着色料を使用して付けられたものなのだろうと。趣味として料理を手掛けるヒロは思いなす。  ヒロは疑念の払拭されたアイスクリームを、再びスプーンで掬って口に運ぶ。その上で改めて清爽な味を感じ、腑に落ちた面持ちで幾度か頷いた。 「うん。口の中だけがやたらサッパリする」 「歯磨き粉味のアイスとか。ヒロちゃん、ないわー」  アユーシが笑いながら言うと、ヒロは眉を寄せた。だが、アイスクリームを口に運ぶ手は止めず、一同に微妙だと感じさせるそれを味わうように満喫していく。 「これはこれで美味しいと思うんだけどなあ。クセになる感じがするっていうか、不思議な味だなって思う」 「それが美味しいって感じる感性が、俺には理解できん」 「おねーさんも。それはちーっと選びたくないかなあ」  ユキとアユーシが立て続けに口述すると、ヒロは眉間に皺を寄せたまま喉を鳴らすように唸る。最後の一口を掬い取り食すと、何の前兆も無く(こうべ)を落として考え込む。  その熟考する表情は真摯さを宿し、重い事態を考え始めたようだとアユーシとユキに勘付かせた。ヒロが思案の気配を見せる際は、大抵が大きないざこざが起きる時だと了している二人は緊張を顔色に浮かせる。  ふと、ヒロは伏していた頭を上げ、強張った顔付きをしているアユーシとユキに直向な眼差しを向けた。 「――僕。やっぱり、もう少しアイス食べたい。今度は果物のやつを貰ってくる」  意を決した声音でヒロは(のたま)う。真剣に考慮の様子を窺わせていると思えば――、と言いたげにしてアユーシとユキは肩を落としてしまった。 「へいへい。腹、壊すなよ……」 「うん、大丈夫。僕、お腹も丈夫だから」  肩を落としたままでユキが呆れ気味に呟くと、ヒロはヘラリと笑う。 「ユキとアユーシが食べ終わった器も返してくるよ。ビアンカは――、まだ食べ終わっていないんだね。あとで僕の(から)を返しに行く時に一緒に持っていくね」  ヒロはいそいそとユキとアユーシの手から(から)になった器を受け取り、次にはビアンカの手元を覗き込んで言う。そうして、悦楽から普段以上に軽い足取りで歩み、早々にその場を後にした。  ヒロがビアンカの持つ器が(から)になっていないことを指摘していた故に、アユーシはビアンカに目を向ける。  アユーシが瞳に映したビアンカは、自身が手に持つスプーンに視線を向けたままで黙し、シャーベットを食べ進めていなかった。 「ビアンカちゃん。続き、食べないと溶けるよ?」  ぼんやりと一点を見つめたままで動かないビアンカに、アユーシが声を掛ける。その声掛けにビアンカはハッとした様を見せ、アユーシに困り抜いた視線を送る。 「う、うん。でも……」  眉根をハの字に落とし、ビアンカが小さく呟き零す。そうした彼女の反応に、アユーシは首を傾げた。 「ん? どしたん?」 「スプーンね……、ヒロが……」  再びスプーンに目を向け、弁舌される声。「このスプーンでヒロが食べたよね」――、と。そう意図するのであろう拙い言葉がビアンカの口をつく。 「え? えっと、ヒロちゃんに食べさせてあげていたねえ?」 「うん……」  ビアンカの言いたいことを量り兼ねたアユーシは、更に首を捻ってしまう。直後、ユキの眉が微かに動き、何かに想到した面容を表した。 「……もしかして、ビアンカ。食器(カラトリー)他人(ひと)と共有するのがイヤな(たち)か?」  ユキが考え及んだことを口切ると、ビアンカは心慮をしてかぶりを振った。 「イヤとかじゃないんだけど。誰かとスプーンとかを共有することって、今まで無かったから。何だか驚いちゃって」  困惑気味にして口の端に掛けられたビアンカの弁に、アユーシは納得してしまう。 「そっかそっか。ビアンカちゃんは東の大陸の出身だもんねえ。あっちの地域って規律に厳しいし、そういう風に育てられたんね」  ビアンカの故郷である東の大陸は、他の大陸に比べて礼儀作法や規律に厳しい風習がある。そうした地で厳たる教育を受けてきたビアンカは、スプーンやフォークといった食べ物を口に運ぶための食器(カラトリー)を他者と共有する経験が無かった。  だので、ヒロたちのように気にせず自分が使用しているスプーンを使い、誰かと食べ物を分け合うという行為に驚嘆してしまったのである。 「言っておくけども。ヒロと付き合っていくんじゃ、その辺は妥協しないと駄目だぞ。群島(もん)はそういう感覚が特に緩いからな」 「そうそう。さっきのアユーシおねーさんとのやり取りも見たっしょ。常時あの調子で()っから、早い内に慣れとかんとね」  ユキとアユーシが口々にビアンカを諭していく。  ヒロは対人距離(パーソナルスペース)が極めて狭い。隙あらばユキに抱きつき、アユーシが菓子を食べていれば強請(ねだ)り――、ビアンカの髪を櫛で梳き始めたりもする。  他者と接触することに対して壁が無く、良く言えば人懐こい。悪く言えば馴れ馴れしいのである。そのことを理解している故の、ユキとアユーシの諭しだった。 「う、うん。分かったわ……」  スプーンを共有する程度、日常茶飯事だと悟ったビアンカは頷き、漸くシャーベットに手を付け始めた。柚の酸味と甘味、冷たさが口に広がる感覚に再度ホッとした雰囲気を表情で明示する。  かようなビアンカを目にして、アユーシが悪戯げに琥珀色の瞳を細めて笑った。 「共有したスプーンを使うとか。ビアンカちゃんってば、ヒロちゃんと()()()()してるってことさね」  ニヤニヤと唇を歪ませてアユーシが言うと、再びビアンカの手が止まった。  その途端にユキの手刀打ちがアユーシの後頭部に直撃する。 「いたっ!!」  不意打ちの攻撃にアユーシは勢い良く顔をユキに向け、恨みがましい目つきで睨む。かなり本気の手刀打ちだったようで、後頭部を押さえ、眉間には深い皺も寄っていた。 「……間接キスって」  そのような考えが微塵も無かったビアンカは、ふと気付かされた事実に見る見る内に頬を赤く染めた。しかも食器(カラトリー)を使っての授受では、間接キスどころじゃないのでは――、などと頭の片隅を過り項垂れる。 「ほら見ろ。ビアンカには刺激が強かったぞ……」 「あー……、っと。ビアンカちゃん、ごめん。おねーさん、悪ノリしすぎたわ」  耳まで赤くして(こうべ)を落としたビアンカに、アユーシは苦笑いを浮かべてしまう。まさかここまで初心(うぶ)な応じをするとは思ってもいなかったことを、アユーシの表情は物語る。 「あんね、ビアンカちゃん。この考え方だと、アユーシおねーさんもユキちゃんもビアンカちゃんも、ヒロちゃんとチューしていることになる――、って、痛いっ! ユキちゃん、痛いってのっ!!」  何とか場を取り繕おうとして弁解をアユーシが発すると、次の瞬間、ユキが手刀では無く拳でアユーシの後頭部を殴打しだした。その仕打ちにアユーシは頭を庇うように両の手を掲げ、悲鳴を上げる。 「全く以てフォローになっていないっ! 馬鹿か、お前はっ!!」 「……ご馳走様でした」  騒ぎ立てているアユーシとユキを傍目(はため)に、ビアンカはスプーンを使うことを無駄に意識してしまい、渋々と溶けかけたシャーベットを完食するのだった。  暫くした後に待望の果物のシャーベットを獲得し、意気揚々と戻ってきたヒロをビアンカは直視できず余所余所しい態度を取り、ヒロの首を傾がせていた。
/1

最初のコメントを投稿しよう!