夜鷹の蕎麦屋

夜鷹の話を書いてみたい!

14 268

恋愛 完結
40分 (23,718文字)

あらすじ

江戸の時代には夜鷹という街角に立つ女性が大勢いた。サヨもその一人だ。 夜鷹たちが集まる蕎麦屋で働く三四郎は、サヨを一目見た時から恋心を抱いてしまう。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

蕎麦屋から

 蕎麦屋の主人の恋から、切なさや、恐ろしさまでいろんな展開があって更新がいつも待ちきれなかったです。  とにかく切ないです。
1件1件

この作者の作品

もっと見る