君を救う、ただ一つの方法

――大切な事は全部、君が教えてくれた。

657 1,261

BL 完結
17分 (10,002文字)
fujossy様主催『新生活コンテスト』最優秀賞受賞作

あらすじ

 図書委員を務める高校二年生の佐田薫(さたかおる)は教師から古本の整理を任されていた。ある時、図書館で作業中に転倒し、一冊の本を手にする。その本の中には小さなメモが挟まっていた。そこに書かれていた言葉

この作品に含まれるキーワード

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

流石です♪

どの作品も、読みごたえ最高!あっという間に引き込まれてしまいます。何だろう、言葉一つ一つに品があるというか、うん、感動して余韻に浸り、妄想に走ってしまいます。駄目ですね♪仕事の合間に読んじゃうと、次が

心が暖まるお話でした。

メモで交わされる会話がとても好きです。 薫の心を闇から救いだしてくれる、魅力的で優しい言葉。 あの伝説の「言葉攻めかるた」と同じ作者様が書いたとは思えません(笑 薫は心を救ってもらい、Xは命を救って

優しい気持ちになれる素敵な物語をありがとうございました。

先が気になりグイグイ引き込まれ 短編なのにとても読み応えのある作品でした。 さすがトルクさんです!!! 薫の葛藤に切なくなり、過去の出来事に心を痛め、いたたまれない気持ちになりましたが、 Xの優

その他情報

公開日 2019/5/27

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る