第四話

1/2
507人が本棚に入れています
本棚に追加
/44ページ

第四話

あの時の私は、いつも楽しくなかった。誰かを傷付けて、私も傷付いていた。自分が悪いのに、泣いてばかりいて、自分だけが不幸だと思っていた。  けれど、そんな私はもういない。私は変わったんだ。私は、私を不幸だと思わない。  自分に誇りを持っているから――――………。  ◇◇◇◇◇ 「……りん! ……香凜!」  誰かが私の名前を呼んでいる。前世の私を……。声のする方に手を延ばしてみるけど、全然届かなくて、私は少し泣きそうになる。 「……アリーヤ様!!」  気が付くと、私の手はマーティン様に握られていた。どうやら、夢うつつになっていたようだ。私はマーティン様に手を離して貰って、なんとなく顔に手をやる。  すると、顔は涙で濡れていた。  どうやらここは、私の屋敷の、自室みたいだ。 「……マーティン様、ご心配を掛けて申し訳ありません。えっと、何があったんですか?」  私がマーティン様の方をアメジスト色の瞳で見て言うと、マーティン様は、文字通り顔を曇らせた。  ……何か言いにくいことでもあったのかしら? 「……実は、誰かがアリーヤ様に攻撃魔法を仕掛けたのです。それは、上位黒魔法でとても強力なものでした。」  ……え、待って。何が強力なの? 私、何処も怪我して無いわよ? 「攻撃魔法と言っても、相手を怪我させるものではありません。」  ……凄いわね。私が思ったことを言ってくれたわ。  でも、相手を怪我させない攻撃魔法ってなんだろう。精神を破壊するものとか……他に何があるのだろうか。 「それは、強力な睡眠魔法でした。」  ……え!? 睡眠!? それって攻撃魔法に入るの?  私が首を傾げていると、マーティン様は補足してくれた。 「何故睡眠魔法が攻撃魔法かと言われているかと言うと、相手が眠った隙に攻撃をするからです。それと、一応言いますが、アリーヤ様は、睡眠魔法をかけられただけでなく、攻撃もされてましたよ。」  ……えぇ、嘘!? いつ?  私が混乱したのを見てか、マーティン様はまた説明した。 「忘れたのですか? アリーヤ様は気絶する前、何かに弾き飛ばされ、床に倒れたじゃないですか。」 「え? あぁ、あれね。」  すっかり忘れてた、という感じに言うとマーティン様は呆れたように溜め息を突いた。  ……うぅ、だって、仕方がないわよ。  なんて、内心言い訳していると、ドアがノックされた。その音を聞いたマーティン様は、ドアに素早く視線を向ける。  ……そんな警戒しなくても大丈夫だと思うけど。  そんなことを思いながら私は返事をする。 「はい、どうぞ。」  |ガチャリとした音とともに入って来たのは、ヴィクトリア様だった。 「アリーヤ様、気分は如何いかがですか? 授業中に攻撃魔法を仕掛けられたと伺いましたが……。」 「えぇ、大丈夫です。心配して下さってありがとう存じます。」  私はついついアッシュブロンドの髪を弄りながら言ってしまう。だが、ヴィクトリア様はそんなことは全然気にしていなく、ただ良かった、とだけ呟いた。思わず、私はヴィクトリア様の顔をまじまじと見てしまう。  ……何でそんなに私のことを心配できるのだろう。あんなに嫌がらせをしたのに。……それより、そろそろ一人になりたいな。  其処で私は、一人芝居をすることにした。 「こほこほっ。」  さりげなく咳をした。その瞬間、二人は信じられないものを見た、というような顔をした。 「アリーヤ様!! 大丈夫ですか!?」 「え? えぇ、だ、大丈夫よ?」  ヴィクトリア様の剣幕に驚きながらも答えると、ヴィクトリア様は心底安心したという表情をした。  ……何がいけなかったのかしら。  セリーヌがいれば、二人に帰ってもらうようにお願いしたのに。そう思っているとセリーヌが本当にやって来た。  ……セリーヌ、凄いわね。エスパーなのかしら? 「ねぇ、セリーヌ。私、少し疲れてしまったわ。」  微笑んで言う私。すると、セリーヌは何か察したようで、ピンクスピネルの目を細めて言った。 「分かりました。マーティン様、ヴィクトリア様、アリーヤ様はお疲れのようです。お帰り願えませんでしょうか?」  最後には微笑みも忘れずに。  ……おおぅ、流石だ。  マーティン様とヴィクトリア様は一度、私の方を見た。 「申し訳ありません。私としたことが、アリーヤ様の体調に気付けなくて。それでは、失礼致します。」 「わたくしも失礼させて頂きます。今日は本当にありがとう存じます。」  二人は、お別れの言葉を言って帰って行った。チラッとセリーヌの方を見ると、セリーヌはドアの方をじっと見つめている。  ……それより、この後何をしようかしら? 自室から出来る限り出たくないのだけれど……。そうだわ! このままずっと、引きこもりライフを送りましょう! 本を読んだり、色々自由にやるのよ。  そう決意した私は、いそいそとベッドに潜り込んだのだった。
/44ページ

最初のコメントを投稿しよう!