第1章 リビングの不思議なドア
1/5
1/63

第1章 リビングの不思議なドア

 その奇妙なドアは、リビングの壁のちょうど真ん中あたりにあった。  家にある他のドアは全部白か茶色のシックな色なのに、そのドアだけ薄い緑色に塗られている。クールできれいな白緑色、アイスグリーンに。  ドアは、別の部屋に通じているわけでも、奥が物置になっているわけでもなかった。  それを開けると、無機的なコンクリートの壁にたちまちぶち当たる。ドアの向こう側には何もないのだ。  なぜそんなところに意味不明のドアがあるのか。  七都は、子供の頃から時々その緑のドアを開けてみるのだが、そこにはいつもコンクリートの冷たい灰色が、妖怪ぬりかべのように立ちはだかっているだけだった。 「あそこからは、お化けが出てくるんだよ~」  七都が幼い頃、父の央人はそう言って、七都を怖がらせた。  そのうち、ブラックホールになっていて吸い込まれるとか、四次元の世界とつながっているとか、挙句の果てには、実は猫を頭に乗せた死体が塗り込められているんだ、などと言い出す始末。  七都が聞くたびにはぐらかし、答える内容もまるっきり違っている。  どうやら父は、そのドアに関しては、まともに説明してくれる気はなさそうだ。  けれども、一度だけ――。 「あのドアのことは、七都がもう少し大きくなったら、ちゃんと話してあげるからね」  七都が小学生のとき、いつもよりしつこく問い詰めると、央人は真面目な顔をして、そう言ったことがある。  遠くを見つめるような、どこか寂しげな父の目を間近で見て、七都は素直に頷いた。  たぶん、もうちょっと大きくなるまで聞いてはいけないことなんだ。そう思いながら。  あれから随分たって七都は高校生になったが、央人にはドアのことを話してくれそうな気配は、まだ感じられない。  七都は、もっともっと大きくならなければならないのかもしれない。
1/63

最初のコメントを投稿しよう!