第1章 リビングの不思議なドア

3/5
153人が本棚に入れています
本棚に追加
/65ページ
 銀色の淡い光の中に、階段があった。  階段のてっぺんには、背もたれが上に高く伸びた椅子が据えられている。  椅子は雪のように真っ白で、全体に植物のような彫刻が施されていた。  その椅子には、少女が一人、座っている。  少女は、ドレープが美しい足元まで届く長いドレスを着て、赤紫色のマントを羽織っていた。  少女の額は、金色に輝いている。冠をはめているようだ。  顔は、わからない。  だが、もう少し近づくとはっきりとするだろう。  もう少し……。  もうすぐだ。  もうすぐ……。  七都は、目を開けた。 「ナナちゃん、遅刻するよー!」  果林さんが、階下から叫ぶ声が聞こえる。  しまった。寝過ごした。  七都は、飛び起きた。 「はいっ。起きてますっ!」  七都は、叫び返す。  なんてことだ。目覚まし時計を止めて、また寝てしまった。  時計を見ると、いつもより十分くらい、遅い。  よかった。十分なら、なんとかなる。余裕だ。  いつもは一旦、部屋着に着替えるのだが、七都はパジャマから直接制服に着替えた。  きょうはこのまま顔を洗って、朝ごはんも済ませてしまおう。  きょうは、期末テストの最終日。苦手な生物もある。  なのに、寝過ごすなんて。  最悪。自己嫌悪……。  七都は、鞄を持って部屋を出た。  廊下の洗面台で手早く顔を洗い、髪を梳かす。  父と果林さんは一階の洗面所を使っているので、二階にあるこの洗面所は、必然的に七都専用となっている。  鏡の中には、紺色の襟の白いセーラー服を着た、眠そうな、だが、少し焦っている少女が映っていた。  髪は黒、目も焦げ茶色っぽい黒。ごく平凡な、よくある黒目黒髪。  果林さんの目は、透き通った茶色で、髪も栗色だ。色も白い。あんな感じだったらよかったのに。そう思うこともある。  とはいえ七都は、自分では、まあまあかわいい部類には入るんじゃないかと、ちょっぴり思っている。  そんなにもてるわけではないが、たまに年上の人たちからエキゾチックな顔立ちをしているね、などと言われたりする。  中学生の頃は、下級生の一部から憧れの眼差しで見つめられていたこともあった。  もちろん、コンプレックスを数え始めると、きりがないのだが。
/65ページ

最初のコメントを投稿しよう!