1/6
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/33

 少年はいつも、同じ席に座っていた。  広い図書館の一番奥。立ち並ぶ書架の間をいくつもすり抜けた先に、その席はある。  人が通りにくいことを考えれば穴場と言えなくもないが、本を手にした生徒も、自習のために訪れる生徒も足を向けることの少ない場所だった。窓に面していて、デスクライトがないせいだろう。時間帯にもよるが、夕方に本を読んだり勉強したりするには、少々薄暗さを感じる。  あくまで文字を追うには、だが。  少年は一冊の本も読んでいなかった。  問題集やノートを広げることも、スマホを取り出すこともなかった。  イヤホンを耳に捻じ込んで、好みの音楽に身を任せることもなかった。  寝ているわけではない。目は開いている。  手は太腿の上に置かれ、口は僅かに開いていたが、何の音も発しない。  視線の先にあるのは、窓の向こうの暮れかけた空だけ。  少年はいつも、同じ席に座っていた。  まるで、海底に沈み込んだ貝のように。何もかもを閉ざして。
/33

最初のコメントを投稿しよう!