午前11時30分

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/17

午前11時30分

 ガチャ、キィィーーー。  講義中の室内後方から、そっと人影が入ってくる。人影はそろそろと教室内を歩き、後ろ側の席に着席する。  「遅いぞ、後藤。また寝坊か?」  先に座っていた学生が呆れたように声をかける。後藤は「わりぃ」と小さく謝り、バッグから筆記用具を取り出す。  「和田は1限から出てたの?」  「ああ、国際文化論とってるからな。てか、お前も1限あるだろ?」  「社会学とってるよ。でも、すげぇ眠くてサボっちまった」  後藤は欠伸混じりにノートを取り出して、黒板の文字を書き写していく。  「サボったってお前、先週も休んだろ。出席は大丈夫なのか?」  「ギリギリかな。次サボったら単位落とす」  「あらら。後輩が1人増えちゃったよ」  「かわいい後輩にお昼奢ってくださいよ〜、和田先輩」  「断る。男には奢らない主義だからな」  おしゃべりするうちに2限が終わった。
/17

最初のコメントを投稿しよう!