正午

1/2
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/17

正午

 「午前3時に着信ねぇ。なんか気味悪いな」  「そうなんだよ。そのせいかはわかんないけど、朝起きたらすごいだるくてさぁ」  後藤はここ2週間に起きた怪現象を説明した。賑やかな学食の雰囲気に削ぐわない表情が二つ、学食の隅に並んでいる。  「掛け直してみたら?」  「それがさぁ、掛け直すと『おかけになった電話番号は電波の届かない所に〜』ってなるんだよ」  「じゃあ、いっそ電話に出てみれば? 3時に掛かってくるのはわかってるんだし」  「そう思って3時まで起きてたこともあるんだけど、そういう時に限って電話こないんだよ」  それきり二人の会話は止まる。和田はう〜んとうなりながら難しい顔をしている。
/17

最初のコメントを投稿しよう!