1

8/9
46人が本棚に入れています
本棚に追加
/47ページ
「翠さん、弓削くんから離れましょう。私の目を見て? そうです、ゆっくり深呼吸をして? そうです、落ち着いてきましたね」  翠のマザーGは翠を落ち着かせると弓削の方に向き直った。翠のマザーGは作り物とはっっきりわかる大きすぎる目をパチパチとさせた。まるで威嚇しているようだった。  現在アンドロイドの顔もマザーGの顔も人間としか見えないように作るのは法律で禁じられている。人間そっくりに作ってしまうと人間関係に支障ができたり事件や事故に発展するためだ。機械はあくまでも機械と見分けられた方が都合が良い。  翠のマザーGの目を見ていて弓削はこのまま催眠術にでもかけられるのではないか? と疑い始めたが、弓削にとっては催眠術をかけられて翠の言いなりになる方がまだましな選択だと思えるようなことをマザーGは言い放った。 「弓削くん、児童相談所に連絡をしました。今日自宅に職員が向かうと言っています」  弓削はげんなりして、肩を落とした。 「マジかよ? 酷くない? こんなの平等じゃないだろう? だいたいケンカを先にふっかけてきたのは亀甲の方なのに」  自分のマザーGの背後から弓削を見て舌を出している翠を睨みつけた。その様子を意に介さずマザーGは淡々と答える。 「しかたありません。貴方にはマザーGがいないので、情報の同期をする相手がいません。正式な判断は児童相談所にお任せします。それでは私は翠さんを連れて帰りますので。翠さん行きますよ」  怒りを必死に抑えた弓削が見守る中、翠はひらひらと手を振りながらマザーGの後を追った。
/47ページ

最初のコメントを投稿しよう!