3時のアリス

1/6
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/6
 その世界への穴を見つけたのはアリスだった。アリスはすぐに大好きなお兄ちゃんのオスカーに知らせた。深夜の3時になると、子供部屋のカーペットの下に真っ暗穴が現れるのだ。  よく訓練された犬のように、アリスはオスカーに従順だった。しかしオスカーが良き主だったかというと、そうとはいえない。オスカーは妹のことを本当に犬か何かくらいにしか思っていなかった。  その真っ暗穴を二人で覗きこんだ時、オスカーは当然のようにアリスに中を確めてくるように言った。アリスが恐る恐る穴に入ったあと、無事でいるのを確かめると、オスカーはようやく降りてきた。  暗闇を抜けると、そこは公園のようだった。突然明るくなって目がチカチカした。 昼間の公園は閑散としている。雨が降った後のようで、石畳の道にはたくさんの轍があった。何の跡だろうと思っていたら、馬の蹄の音がしてきた。通りを見ると、馬車が通り過ぎていったから、アリスは面食らった。馬車なんて何かの行事やイベント、観光客用のものしか見たことがない。それに道行く人々の格好も、古臭くて動きにくそうなものだった。 不安でオスカーのシャツをしっかり握ったアリスに、オスカーはきょろきょろと周囲を観察しながら言った。 「ベッセマー先生が言っていた。僕たちの住む世界とそっくりなもうひとつの世界があるんだって。そこには僕たちとそっくりだけど、でも別の人格の人たちが住んでいる」  オスカーは魔法の力があったから、学校が終わると、隣のターコイズ通りに住んでいる魔法使いベッセマーさんの家に魔法を習いに行っていた。だからアリスの知らないことをたくさん知っているのだ。頭がよくて、運動もできて、それからクラスの誰よりも綺麗な顔をしているお兄ちゃんのことを、アリスは自慢に思っていた。  穴の中の世界は、アリスたちの世界とそっくりだけど、少し違っていた。文明や技術が、少しだけ遅れているのだ。たとえばまだロンドンの街並みはガス灯だったし、電子機器の類はないようだった。  その日は少し散策して、すぐに帰った。  そして次の日の3時にも、穴は現れた。アリスとオスカーは穴を見つけるとはしゃいだ。
/6

最初のコメントを投稿しよう!