気持ちよく眠るための本

1/1
62人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

気持ちよく眠るための本

 こんばんは~。レド🐰です。  独身の頃の話ですが、私には睡眠薬ならぬ、睡眠本がありました。 「華麗なるギャッツビー」この威力はすごい!  今日は眠れないな~と思ったら、ベッドに入り、電灯のリモコンを枕元に置きます。  そして、おもむろに睡眠バイブルのギャッツビーを開きます。 1ページ目  おお、いつものシーンだ。知ってるぞ。ここは暗記するほど読んでいる。 2ページ目  何とか繋いだぞ。ここも覚えてる。 3ページ目  両手で支えていたはずの本が、パタンとなぜか顔の上に落ちてきて、ぶるぶる顔を振るって、本を持ち直す。 4ページ目  字は追ってるぞ。チカチカして意味のない羅列状態になってるけど、まだ意識はあるぞ。 5ページ目 「寝るんだったら、電気を消してから寝なさい!」 母に怒られびっくりして飛び起き、続きを・・ 続きを・・・続きってどこだっけ? 6ページ目  まっ、いいかこの辺から読んじゃえ。昨日より1ページ増えたぞ。やった! 7ページ目  グ~~~ グ~~~~ グ~~~~~ パチッ(電気が消える音とが、全くだらしないと呟く母の声。そして遠ざかる足音)  読み始めたら完読するまで読むがモットーの私が、最後まで、 というか7ページしか読めなかったのは、この本が初めてですww  みなさんは、本に関しての面白いエピソードをお持ちですか? あったら、教えてくださいね(^_-)-☆
/47

最初のコメントを投稿しよう!