隣の花は・・・

1/3
695人が本棚に入れています
本棚に追加
/190

隣の花は・・・

美しい・・・いや、色めかしい。 それが正しい表現の脚。 隣家の細君は白い程よい脂肪の腿を 惜し気なく晒して水撒き。 レースのカーテン越しに 眺めて・・・想像・・・ ちょっと遊び馴れた様子の亭主は 昨夜、彼女を可愛がったのだろうか、 半開きの口から漏れる吐息を 下から眺めたのだろうか、 白い谷間に光る“ルビー” 指で、舌で“磨いて磨いて” “魔法の剣”で大きくさせたか・・・
/190

最初のコメントを投稿しよう!