女領主の嗜み

1/2
701人が本棚に入れています
本棚に追加
/188

女領主の嗜み

キツネ狩り・・・ と言う名の領地見廻り。 森を深く深く分け入る。 それから・・・ 女領主は馬ではなくて僕の上・・・ もはや手負いの“女狐”となり・・・ 普段隠した“哭きどころ”に 僕の指の乱暴を赦して 毛を逆立てて唾垂し歓ぶ。 妖しき“女狐”は 井戸のツルベの如く上下して 身悶えて“断末魔の悲鳴”のあと 小刻みに・・・湿った吐息・・・ それでも僕が“ツルベ”を揺らすと “愛の血潮”を求めて唸る・・・
/188

最初のコメントを投稿しよう!