ターミナル・ホテル 1

1/2
702人が本棚に入れています
本棚に追加
/188

ターミナル・ホテル 1

記憶の引き出しなんて こんなに簡単に飛び出すものか・・・ 後ろの席の淡い碧のワンピース、 上品な人妻は・・・ 熱い息を吹きかける・・・ たったそれだけで 汗ばむ“果肉”を隠し持ち、 見つめると恥ずかしそうに 両手で“僕”を探してたひと・・・。 僕には妻がすでにいたから 別れてしまった5年前。 見知らぬ男に嫁いだと聞いた3年前、 偶然背中合わせの座席でコーヒー。 華奢な笑い声・・・ 艶やかな声の夜が鮮明に・・・。 歯車のように滑らかに 絡んだ君がこんなに愛しい。 眼が合えば、 声をかけずにはおられない 旅先、ターミナルホテル・・・。
/188

最初のコメントを投稿しよう!