愛  嬢   1

1/2
699人が本棚に入れています
本棚に追加
/186

愛  嬢   1

ヒタヒタと僕を這う雌猫。 ザリザリと皮膚が刺激されて ドクドクと胸が踊る・・・ どこを撫でようか? 柔らかな首のまわり? 見つめるとプクリと膨らむ 二つの先端にしようか? いや、お前が好きなのは・・・ “ここ“・・・ “ここ”がいいのか? 気持ちがいいのか? 僕は間断なく、強く・・・弱く 何度もお前の“サカリ声”を呼ぶ 甘く・・・ねっとりと その声を僕の耳元へくれ。 愛する女・・・ 今夜も果てなく 濡れて・・・“僕の剣”を磨け、 僕の愛する淫らな・・・女。
/186

最初のコメントを投稿しよう!