花の影 3

1/2
701人が本棚に入れています
本棚に追加
/188

花の影 3

「嘘をついてるわけではないわ」 口紅をつけながら独り言。 夕暮れ、慌ただしい駅の化粧室。 週に2度のアルバイト、 英会話教室で個人lesson 二時間ほど生徒と語らう。 狭い室内だもの、体も触れるわ。 机は1つだもの、膝は詰まる。 お互いの手のやり場に困るから 生徒の手が“奥”へきても・・・ 防音壁に手をついて立つと 生徒が“後ろに重なる”狭い部屋。 better に“身体が揺れ”ても 仕方がないの、これも“lesson”。 夫が細かく業務内容を 尋ねるわけでもないんだし。 帰りの駅で身支度すれば 私は普通の主婦になる。 私の淫らを知っているのは いつもの、この鏡だけ・・・。
/188

最初のコメントを投稿しよう!