逢  瀬

1/2
699人が本棚に入れています
本棚に追加
/188

逢  瀬

月明かりを頼りに “君”を探せば 刹那さから乱暴になる。 うなじから零れる匂いに、 襦袢を湿らせる匂いに、 酔う暇など僕達にはない。 足袋もそのままに 裾を割って乱れる 急ぎの逢瀬・・・ 人目を盗んだ茶会の東屋 鹿の声に紛れる君の“恋息” 煽られて“僕”は首を擡げる 君が口に含めば “白酒”は出口をさ迷う。 君と重なれば 千の言葉も失って 僕らは互いを貪り食らう。 頬擦りしても、 一緒に果てても、 君には帰る家がある・・・
/188

最初のコメントを投稿しよう!