想い出くらい・・・

1/1
697人が本棚に入れています
本棚に追加
/185

想い出くらい・・・

二人の夜は雨ばかりだったせい? 窓に滴がつたうと泣きたくなる・・・ 優しい掌が重なると 甘い痺れに身体が揺れた。 抱き締められたら 時間が止まればいいと思った・・・。 貴方と“ひとつ”の瞬間は、 貴方と“息を揃える瞬間”は、 私のかけがえない時。 忘れられない時。 貴方の指先を覚えてる肌が 貴方が恋しくて冷えるのを 両腕で抱きながら 瞳を閉じて辿るのは 遠い、せつない想い出・・・ もうここにはないけれど、 貴方でない人と暮らしているけれど、 雨の夜・・・ ボンヤリと滴の数だけ 貴方との夜を数えても 罪ではないよね・・・
/185

最初のコメントを投稿しよう!