魔 の と き

1/2
699人が本棚に入れています
本棚に追加
/188

魔 の と き

僕の“チューリップ”は 濡れた針で先を突つかれたり 押し開かれたり・・・ 一息つく間も許されず 女王様のなすがまま・・・ もう限界だ・・・と思う一方で 茎は何度も弾んで 女王様のなすがまま。 いや・・・弾まずにはいられない。 熟れた瞳、くちびる・・・ “魔手”“魔界”・・・ そう・・・そこは“魔界” 彼女に触れることは 恐ろしい罪だから・・・。 彼女は、父の新しい妻。
/188

最初のコメントを投稿しよう!