序章

1/1
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ

序章

頭の天辺(てっぺん)から足の爪先まで、身体中の血管すべてに、氷水が流れている…… そんな感触だった。 “全国学生ピアノコンクール” の二次予選。 ドビュッシーの『12の練習曲より 3.4度の音程のために』と、 ラフマニノフの、『エチュード「音の絵」より Op.33-7』までは、完璧だった。 真音(まお)が、名門“慧都音楽大学(けいとおんがくだいがく)”を卒業後、一流のピアニストとして活躍するためには、登竜門である“全国学生ピアノコンクール”で、何としてでも優勝を勝ち取らなければならなかった。 二次予選最後の演目、ショパンの『エチュード Op.10-4』 真音が、幼少期から何千回、何万回も弾いてきた曲だ。 例え、演奏途中で突然“全生活史健忘症(ぜんせいかつしけんぼうしょう)”になろうとも、嫌でも身体が憶えている。そう言い切れるほどに弾き込んできた曲だ。 ――しかし、それは、突然、起こった。 35小節、左手の分散和音下行のほんの僅かな乱れが引鉄となり、指の隙間からさらさらと砂が零れ落ちるように、音の粒が落ちていった。 その後のことは、殆ど憶えていない。 その後の演奏がどうなったのか? どのようにして、舞台から捌けて行ったのか? 「“ノーミスの女王“ もこれで終わったわね」 観客席から聴こえてきた悪意に満ちたざらついた言葉だけが、リアルな感触として残った。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!