きみと空の下

雨の日に起きた、かけがえのない小さな奇跡。

狗嵜ネムリ

7分 (3,725文字)
妄想コンテスト「傘」への応募作品です。

13 88

あらすじ

今にも降り出しそうな空の下。家路を急ぐ男が出会ったのは、捨てられた三匹の子猫だった。 *初めてのBL以外のお話です。最初で最後になりませんように…笑 *表紙は「ぱくたそ」様からお借りしてい

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る