ふゆざくら

「私が生まれて、全てが歪んだ。」

6 122

恋愛 連載中
51分 (30,220文字)
友達に恋愛もののラノベを書いてと言われた。でも多分これは友達の望んでいたものではない思う。

あらすじ

先月、親友の水上伊澄が死んだ。 そして、伊澄の彼女の霜月優希は壊れた。ストレスで解離性同一性障害、つまり多重人格になったのだ。 表れた人格「さくら」。元の人格である「優希」はもう俺たちの前に表れない

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る