第1章
1/12
1/81

第1章

「あ、匠(しょう)、明日、授業終ったらちょっとつき合って。バイトないよね?」  ピンクの髪をふわふわと揺らして前園彩(まえぞのあや)が話しかけてくる。午後の授業がもうすぐ始まるから校舎内は慌ただしい雰囲気だ。 「どこ?」 「カノン行きたいの。新しいの、まだ見てないでしょ?」  駅近くのシネマカフェだ。  毎日二回、店内のスクリーンに映画が上映され、二週間に一度、その映画が変わり、それ以上の頻度でおれは通っている。  今週から新しい映画が上映されているが、それがあまり興味のないインド映画だったので今回の映画を見るつもりはなかった。どうしようか。 「凜花(りんか)と行けばいいじゃん」  彩の恋人の名前を出すとつやつやピンクの唇を尖らせた。  またケンカ中なのか? 彩と凜花はいわゆるケンカップルでしょっちゅう言い争っては仲直りしている。 「凜花はミュージカル系好きじゃないもん」 「おれもそんなに好きじゃないけど」 「でも口コミ見たら面白かったって。結構評価いいよ?」 「そうなんだ?」  インド映画っていうと歌って踊るイメージしかない。  昔ヒットしたのは踊るマハラジャだっけ? 今回のタイトルは覚えていない。そんなに面白いんだろうか。まあ見てもいいか? 別に映画見たからって追加料金かかるわけじゃないし。 「ね、とにかく行こ? 飽きたら途中で抜けていいから」 「わかったよ」  教室に着いた彩はバイバイと手を振って中に入って行った。おれは空き時間なので、課題をやりにPCルームに向かった。来週までの課題がまだ出来上がっていなかった。 「よう、匠。課題できた? どんな感じ?」 「仕上げがまだうまくいかない」 「あ、俺らも今、途中なんだ」 「じゃあ意見くれよ。見せ合おうぜ」  同じビジュアルデザイン科の友人が三人いて、画面の前でああだこうだと話していたから混ぜてもらう。  東京にデザイン系の専門学校は数多いが、その中でも都心のど真ん中にあるこの学校は立地のよさに加えて就職に強いことから人気がある。  その分、課題も多くて授業以外の空き時間はそれをこなすのに精いっぱいだ。興味ないインド映画なんか断ればよかったかな、そんなことを思いながらソフトを開いた。
1/81

最初のコメントを投稿しよう!