魔玉(まぎょく)のウタと精霊のイノリ~始まりのウタ~

二匹の猫を連れた不思議な少女と青年との出逢いが物語の扉を開く。素敵な表紙絵はrosine様作です。

凉白ゆきの

ファンタジー 完結 過激表現
4時間35分 (164,918文字)
応援いただきありがとうございます。ここまでで始まりの章完結、ということでしばらく連載お休みしますm(__)m

248 8,092

あらすじ

蒼(あお)の力――それは蒼魔力(そうまりょく)と呼ばれる、精霊の力。地、水、火、風の四大精霊の力。 紅(あか)の力――それは紅魔力(こうまりょく)と呼ばれる、この世界の人々が持つ力。蒼魔力を制し操る力

感想・レビュー 2

いろんなことを想像しながら読むことのできる感情を揺さぶる作品

□この作品を選んだ理由 どれにしようか迷って、あらすじを読み 一ページの感じから誰にでも分かりやすい 表現で物語に入りやすかったから ■登場人物に思うこと 一人一人にちゃんと物語の背景が組まれていて
ネタバレあり

世界観もキャラクターも魅力的なファンタジー作品

ファンタジーは世界観が命だといいますが、この作品はその世界観の深さに引き込まれます。 最初の1ページ目で、この世界の力の源について説明されているのですが、とてもシンプルで分かりやすく、かつしっかりと設
1件1件

この作者の作品

もっと見る