ナノマシンバーナー 脳内チップ焼却業 +NMBR+

IT技術で脳みそをほかの人とつなぎたくないからたたかう話

2 2

SF 連載中 図書券利用
18分 (10,237文字)
ほとんど駄文。

あらすじ

近未来、脳内にICチップやナノレベルのマシンを使って脳と機械を結び、脳とインターネットを結ぶ時代が来てしまった。しかし大きな政府が仕掛けたバックドアで人々は心の中で考えたことすら読み取られるようになり

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る