紺碧のノスタルジア〜偽りの王子と町娘〜

正体がバレたら、この恋は終わってしまうかもしれない。彼女への愛情を貫くため、王宮に隠された秘密と歴史を紐解く物語。

90 2,678

ファンタジー 休載中
2時間0分 (71,613文字)
宮廷、王族、継承のファンタジーコンテスト用に書きました。宜しくお願いします(^人^)。

あらすじ

 あの日。  彼女と出逢ってから、彼女の存在が日に日に大きくなっていく。  また会いたい、と思うのに。  彼女と俺は馴れ合う事すら出来ない。本来の身分も明かせない。  だって彼女にとっての俺は

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る