空ろの骨組み

「フキの葉っぱはちょっとおしいと思うの。だって茎が中心についていたらとてもバランスがいいのに」

2 16

青春 完結
6分 (3,064文字)
小説を書き始めて十数年、初めてのお題挑戦。

あらすじ

 僕の目の前で赤い傘が飛び、姪の命が散った。 followed by 安置リスト//冴伊鶴 (三行から参加できる超・妄想コンテスト「傘」参加作)

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 6エピソード

もっと見る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る