20XX年6月5日 (a)
1/1

20XX年6月5日 (a)

 彼女は屋上で瞼を閉じ、そしてこの世界からログアウトした。  また会いに来ると言った彼女の言葉を、俺はいつまで信じていられるだろう。