(3)リジーボーデン

1/1
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/65

(3)リジーボーデン

(リジーボーデン斧持った) (父さん叩いた 40回) (我に返った ボーデンは) (母さん叩いた 41回) エリザベスという少女の話だ。 ある日、エリザベスの両親が殺された。 エリザベスは村の大人たちに疑われた。 エリザベスが疑われた理由は沢山あった。 両親とエリザベスは仲が悪かったこと。 両親が死ぬ前に、エリザベス以外の人間が全員食中毒で倒れたこと。 両親が死ぬ前に、薬屋でお気に入りの毛皮のコートを洗うからと劇薬を求めたこと。 両親が殺された日、屋敷にはメイドのブリジットとエリザベスしかいなかったこと。 両親が死んだ日、エリザベスがお気に入りの青いワンピースを燃やしたこと。 理由を挙げればキリがなかった。 もちろんエリザベスは否定した。 私じゃない、と。 村の大人たちは誰も信じなかった。 その日の夜、屋敷の地下室でブリジットが死んだ。 エリザベスも死んだ。 二人の死体の側には、複数の洗濯用洗剤そして柄のない斧が1丁落ちていた。 そして誰かの目玉が4つ。 殺人犯はエリザベスか、それとも。 真犯人はまだわかってない。
/65

最初のコメントを投稿しよう!