流星雨の夜に

50年以上前に亡くなった少女の物語が流星雨の夜に語られ始める。

21 899

13分 (7,577文字)

あらすじ

しし座流星群が降り始める深夜。 ある喫茶店の天体観測の催しに訪れた「あなた」は喫茶店店主の老紳士と会話を弾ませていた。しかしあなたの一言がきっかけで、店主の口から突然『50年以上前に亡くなった少女の物

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

荘厳な文章体の美しさ

 序盤からその文体の美しさに惹きこまれます。秘密めいていて、何というか荘厳な響きが美しい。そして厳しい主人公の境遇の中から『宇宙』という希望を見出していく千永ちゃんとのやり取り。『見つけて欲しいの、私

その他情報

公開日 2019/6/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る