1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

何もかも悪いほうに向かい、むしゃくしゃしながらベッドに寝転ぶ。 (丑三つ時を超え、午前三時くらいだっただろうか。) ふと暗闇を見ると 白い能面?のような顔が浮かんでいる。 お化けだ。 でもなぜか怖いとも思えない。今ある現状のほうが絶望なのだ。 取り乱したのだろう。精神的不調のせいだ。 どうせお化けがいても、どうでもいい。今の日常のほうが怖い。 寝た。 次の日。 何もなかったように起きて、逃避したい現状に抗う。 夜。またお化けが出るのかと警戒して明かりを消す。 何も出ない。 いや、白い影がいる。 甘いにおいがする。 よく見ると 女の子だった。
/11

最初のコメントを投稿しよう!