エブリデイ、ノンホリデー

1/10
383人が本棚に入れています
本棚に追加
/114ページ

エブリデイ、ノンホリデー

ギラギラと光るフロアの中、周りのホスト達が俺と肩に抱いた姫の為にシャンパンコールをしていた。 この優越感が堪らない。 俺は目を細めながら舌なめずりをした。 「姫、今日はありがとうね。今夜は俺が最高の夜にしてあげるよ」 自分に渡されたマイクに愛を紡ぐ。 嘘をつくのももう慣れた。この業界は色恋枕。いかに女の子を本気にさせるかが勝負だ。 嘘さえつき続ければキモチイイ事も出来てお金も稼げる。まさに天職だな。 しかしその優越感も、直ぐに冷や汗ものになった。 「姫から一言お願いします!」 先程までシャンパンコールをしていた後輩のホストが姫にマイクを手渡した。 姫はマイクを受け取ると、飛び切りの笑顔で口を開いた。何を言うんだろう。どうせ、好き。とかだろ。俺は微笑みながらそれを眺めていた。 「私の晶くん。ずーっとだいすきっ。今度私の家にご飯食べに来てくださいっ。晶くんが気に入ってくれた肉じゃが作って待ってまーす!」 おいおいおいおい、今日は他にも俺の姫が来てるのに勘弁してくれよ…。テンションただ下がりなんだけど。 マジで女って怖い。 俺は姫に見えないようにげぇっと口を開けた。
/114ページ

最初のコメントを投稿しよう!