隠されたモノ

1/32
383人が本棚に入れています
本棚に追加
/114ページ

隠されたモノ

「今日はどこに行くんだ?」 「本当は雨乞いを見て宝石の街に行く予定だった。でも見られないから山に行く。ほぼ散歩道だけど」 「山か~お前のせいで歩くのは得意になったから大丈夫だぜ」 「嫌味」 「うっせ」 暫く歩くと山の麓に辿り着いた。参道は川沿いになっているらしく、水の音がする。木が影になっていて太陽も直接当たらないし、清涼感抜群だ。 「山頂にちょっとした催事場がある。前まで使われていたヤツ」 「今は使われてないのって交通の便が関係してそうだな。普通の人達は移動の魔法とか使えなさそうだし」 「御明答」 この狭い道を何かある度に行き来するのは大変そうだ。人間って基本的に何にしても便利な方を好むもんな。 「さ、行こう」 ルークは俺の手を握ったまま歩き始めた。 自然と解く機会を見失ってしまった。もうこのままでもいいかな、俺はやっとルークの手を握り返した。
/114ページ

最初のコメントを投稿しよう!