晴恋

1/21
383人が本棚に入れています
本棚に追加
/114ページ

晴恋

「雨…」 ルークと一緒にハイデンから出ると、外は雨が降っていた。そういえば榊が降らせたんだっけ。しとしとと優しく降り注ぐ雨は、なんでか嫌な感じがしない。 俺は振り返ってハイデンの入口を見てみる。こうやって見るとただのホテルだ。この先に結構な規模の街があると思うと、少しだけぞっとする。 「この街を一掃、か」 「…」 以前ルキ…もといルーク本人から聞いた話を思い出した。この街に住んでいる人を一掃したのはルークだって。 「宝石って何処でも高価なんだな」 「以前よりはかなり安価になった。もう密売されなくなった上に、公務員としてコルネリウスがいる」 「成程」 「…まだ安いとは言えないけど」 ルークはじっと建物を見上げている。ルークにとってこの建物はどんな風に映っているんだろうか。 「ごめん。時間が無い、転移の魔法を使う」 ルークは建物から目を逸らして俺の両手を握った。 「あ、っちょ、いやだ!いきなりそんな…ぁ…っ!!」 ルークの手のひらから自分の体に何かが流れ込んで来るのがわかる。それが血液中を巡って、体温が上がる。 くそったれ!もっと心の準備をさせれくれ…!どうしようもなくなった俺はルークの手を握り返しながら目を閉じた。
/114ページ

最初のコメントを投稿しよう!