1. JKのスクール水着

1/4
107人が本棚に入れています
本棚に追加
/556

1. JKのスクール水着

  スタート台から、勢いよく飛び込んだ。  水中をドルフィンキックで進んで行く。  一週間ほど前から、頭がガンガンしていた。吐き気もあった。多分、何か嫌なことを忘れようとしている。  思い出そうとすると、頭が割れそうに痛い。  多分それは、死んでしまいたい程の記憶。いや、もう死んでいるのかもしれない。  生きていても死んでいる目をしている人がいるが、そういう意味ではなくて、俺は……。  ――ダメだ。思い出せない。    諦めにも似た感覚で、意識をぼんやりさせた。だんだんと重力から解放され、体がふわっと軽くなる。  水面に体が浮かび上がる。  息継ぎのタイミングで、突き抜けるような青空と、うんと高いところに、入道雲がもくもくと広がっているのが見えた。その清々しさに、気持ちが落ち着いていくのが、わかった。  どんな悩みでも、ここでこうしていると、ちっぽけに思えてくるから不思議だった――。  あっ…………。  ……そう言えば…………。  …………頭痛の原因ってなんだ……。  ここは二十五メートルプールで、このプールにいるのは俺一人。と言いたいところだが、残念なことにもう一人泳いでいる。  しかし、このレーンで泳いでいるのは、俺だけなので、もう一人のことを気にする必要は全くない。  今は、放課後の水泳授業の補習の時間だった。  通っている田辺第一高校は、水泳の授業を三回休むとごとに、一回の補習を放課後に受けないといけないことになっている。  クラスメイトと、わいわいと水泳の授業を受けるのが嫌な俺にとっては、補習授業の方が極楽ってわけだ。  広いプールを一人で、独占する。それは俺の優越感でもあるのだが……、水泳が苦手という理由で授業を休む女子生徒が、隣のレーンで二十五メートルを泳ぎきれずに、立ち止まりながら、のそのそ、のそのそと泳いでいる。  ――ほらっ!  立ち止まった。  はぁー、なんか泳ぎに集中できなくなってきた。  彼女の名前は茅ヶ崎雪菜(ちがさきゆきな)。勉強も音楽も走るのも、球技も得意なのに、まぁ泳ぐのだけは、全然ダメ。
/556

最初のコメントを投稿しよう!