2. JKのパンツ

1/5
107人が本棚に入れています
本棚に追加
/556

2. JKのパンツ

 ――扱い方?  ――暴れゾウ?  まさか……彼氏のを見慣れてるってことか……。  それにしても、扱うってなんだ!  ……変態かよ。  なんにせよ、見慣れてるとか、見慣れてないとかそんなことは、どうだっていい。    俺のを見るな! って、もう手遅れか……。  俺は、とぼとぼと女子更衣室に入った。  手首についた鍵番号と、ロッカーの番号を確かめる。  鍵を開ける。  ――ロッカーから眩しい光が解き放たれ、閃光が走った。    錯覚ではない。    ピンクの花柄のパンツとブラジャーが、制服の上に丁寧にたたまれているのが目に飛び込んできたのだ。    まるで妖精の羽のように繊細な作りのそれは、淡く光輝いている。  神々しくて、直視できない。  拝むレベルだ――。  小学校の頃の話で、放課後にこっそりと、好きな女の子のリコーダーの口をつけるところを舐めたことがあると、話しているやつがいたが、俺がこの下着の匂いを嗅いだらそれ以上だな……。  それだけは、やめとけ。  絶対に匂いを嗅いではいけないぞ。  心拍数急上昇中。  この音が更衣室全体に響きませんように。
/556

最初のコメントを投稿しよう!