夜の案内者

謎のネズミと少女が砂漠の世界を旅をしながら、動物たちの病気に向かい合っていく医療ファンタジー

82 507

3時間12分 (114809文字)
初めて書いた長編小説です。なんでも感想をいただけると励みになります!

あらすじ

少女が過去に犯した「殺し」の理由を知るために、動物たちの世界に少女を誘い込んだネズミ。少女は動物の町で出会うさまざまな病気と対峙しながら、元の世界に戻る方法を模索する。ネズミの正体とはいったい・・・!

シリーズタグ

感想・レビュー 3

昔見た大好きな童話の数々

宮沢賢治の銀河鉄道の夜を初めて読んだ時の感動 それを思い出しました。 飄々としたネズミの描写が脳内で「アタゴオル」に変換される(お嫌いでしたら、申し訳ありません) 字を追うことで絵が浮かぶ、そん

何て魅惑的な物語

自分のちっぽけな善悪の価値観が全く通じない世界なのに、懐かしくて泣きたくなるほど魅惑的な世界を旅しているような気分で読んでいます。 旅を続けようと思います(^^)

異色な医療ファンタジー

 最初は設定の読解に時間がかかりましたが読み進めていくうちに、アサとネズミの旅行記だとわかりました。専門的な用語もわかりやすく伝わってきて読者の読解力をくすぐります。レリの事情もわかり、残すはなぜ医者

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

その他情報

公開日 2019/6/8
特集

完結作品特集

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る