君のパンツを食べたい

「水沢くん、――何を言っているの?」

成井露丸

恋愛 完結
17分 (9,669文字)
――青春の1ページの中に、新しい愛の形を見つけてください……。

20 153

あらすじ

秋の放課後、夕日が差し込む教室で、私は告白――されたのだろうか? 高校二年生の私は修学旅行と文化祭を通して仲良くなった水沢くんと、周囲も公認のお付き合いの秒読みモード。今日は水沢くんと放課後の教室で

タグ

感想・レビュー 1

彼なりの月が奇麗ですね

傑作を見つけてしまいました……! これは素晴らしい作品。読みやすい文体からはほんのりと青春のとまどいが感じられ、主人公の目を通して水沢くんの変態的愛情が伝わってきますが…… むしろ私は水沢くんのよう
1件1件

この作者の作品

もっと見る