君のパンツを食べたい

1/10
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

君のパンツを食べたい

 紅色に染まった放課後の教室。窓際の水沢くんは夕日に目を細めながら囁いた。優しそうで端正な顔に爽やかな微笑を浮かべながら。 「君のパンツを食べたい――」  ――えっ?  彼の背中からくれないの西日が差し込み、後光として彼の輪郭を染め上げる。教室の窓から見下ろせる京都の街を背景に甘く囁いた水沢くん。目に入るのは真っ赤に染まる東山に差す落日の赤紅あかべに。古都の趣ある穏やかな光の中で机に座る王子様の微笑みが私へと向けられていた。  高校二年生の私たちは、放課後に二人っきりの教室で一つ離れた窓際の机の上に座り、向き合っている。そんなシチュエーションで放たれた彼からの衝撃的なワンフレーズだった。耳を疑う。  廊下の向こう側、グラウンドからは部活動に勤しむ青春の喧騒が聞こえる。それでも校舎の中はしんとして静かだった。開いた窓から吹き込む涼やかな秋風に身を委ねながら、さっきまで私たちは他愛もない世間話に興じていたのだ。そんな時に、水沢くんが切り出してきた。「一ノ瀬さん、あのさ――」って。  一陣の秋風が京の街から吹き上げて、彼のワンフレーズが私の言語的思考を奪い去った。聞こえたけど、聞こえなかった。水沢くんが何を言ったのか分からなかった。いや、分かるのだけれど。  夏休み前の修学旅行から文化祭、これまでの経緯もあったから、ついに水沢くんが愛の告白をしてくれるのかな? なんて、ちょっと期待が膨らんでいた。その「一ノ瀬さん――」って声掛けに誘われるように、視界は動いて、街の景色から制服姿の男の子へと瞳に飛び込む映像は変化していた。もしかしたら、私の両目は期待の涙で潤んでさえいたのかもしれない。  それなのに、王子様から投げかけられたのは、衝撃的なワンフレーズだったのだ。  ――なんだか思っていた言葉と違うよ!
/10

最初のコメントを投稿しよう!