人間初日

1/3
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

人間初日

 目覚めた時、まず見えたのはカモメだった。黄色いくちばしと、丸くて黒い瞳が、こちらを向いている。  人魚姫は驚き、両手で地面に押すようにして、急いで身体を起こす。すると、カモメは羽をバタつかせて、空へと飛んでいった。  先端だけが黒くなった、白い風切羽が、空から落ちてくる。まるで、海の中のプランクトンのように。 …空?  自分の身体を見る。胸だけを貝殻で隠した、いつもの格好。  だが、下半身はいつもと違う。鱗のついた尾ひれじゃない。これは足だ。  触って確認する。…足だ!本物の足だ!信じられない!  すぐそばに、スケボーも落ちていた。人魚姫はスケボーを大事に抱え、周りを見渡す。  砂浜だ。波が寄せては引いていく。太陽がさんさんと降り注ぎ、暑いくらいだ。  海の中のように体勢を整えようとして、砂浜に倒れてしまう。 …立ち上がることさえ出来ないなんて。  人間になることはできた。だが、これからどうしたらよいのだろう。  人魚姫はスケボーを抱きしめ、ため息をついた。…その時。 「そ、そのスケボーはっ!」  人間の男の声。びっくりして、声がした方に目を向ける。  海パンを穿き、浮き輪を小脇に抱えた若い男性。こんがりと焼けた肌、短くツンツンと立った黒髪。眉が太くて、活発そうな顔をしている。 「オレのじゃねーか!」  スケボーの裏面に書かれている、サイン。そのサインを指差し、その男性は叫んだ。  事態が把握できず、人魚姫が混乱していることに気づいたのか、男性は慌てて釈明し始める。 「いや、ここに、『加藤 信二』って書いてあるだろ。これ、オレが書いたものだよ! あ、オレは、高校生探偵でも、秘密組織にも属していない、フツウ高校生の加藤信二だ。漢数字の二が入っているが、一人っ子なんだぜ! よろしくな!」  信二は手を差し出す。白い歯の見える、眩しい笑顔で。どうやら、握手しよう、という意味らしい。  人魚姫はおずおずと、スケボーの影から右手を差し出そうとした、その時。  信二は、何者かにサッカーボールのように蹴られ、砂浜の向こうに飛んで行ってしまった。
/27

最初のコメントを投稿しよう!