人間初日

2/3
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/27
「こらーーー!信二! ああもう、信じられない!あんたがいくら馬鹿でも、犯罪にだけは手を染めない男だと思っていたのに! 胸だけ辛うじて貝殻で隠してる、推定15歳くらいのハーフ系美少女に、ナニをするつもりだったのよ!このエッチ!変態!」 「待て、話を聞いてくれ、あおい!」  信二がぼっこぼこに殴られるのを、人魚姫は、ただ呆然と見ていることしかできない。  10分後、砂浜には、倒れてカモメにつつかれている信二と、怒りに肩を揺らすあおいの姿があった。  あおいは、人魚姫のもとに駆け寄り、さっきとは打って変わって、優しい口調で話しかける。 「大丈夫?あの馬鹿に、変なことされてない? ねえ、服をなくしちゃったの?もしよかったら、私の着替え貸してあげるから、それ着なよ。あなた美人だから、そんな格好でいたら、ああいう馬鹿が次々と寄ってくるわよ。 あ、私は葵あおい。あの馬鹿の幼馴染なの。よろしくね」  あおいは、そう言ってにっこり笑うと、背中のリュックから着替えを取り出し、人魚姫に差し出した。
/27

最初のコメントを投稿しよう!