第二章 承句

29/35
472人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ
「な、何よ、此処何処?」 「──僕の家」 「えっ」 「僕の家でなら…いいって云ったよね、望さん」 「!」 不意打ちで『望』と呼ばれると未だに胸が高鳴る。 「…セックスするって事?」 「したい──ダメ?」 「……」 なんだろう… この感じ。 (この男はただ単にセックスがしたいだけで私に付きまとっているだけ) 頻繁に求められる事について考えるところがあったはずだったのに… 今度求められたら一度断ってやろう──そう思っていたのに… 「ねぇ、ダメ…なの?」 「……いいわよ」 こうやって応じてしまうのは、きっと回数をこなして経験豊富になるための私側の都合だ。 そう、きっと其れだけの事、なのだ──。
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!