あとがき&スター特典作品について

1/1
472人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ

あとがき&スター特典作品について

<秘密の穴園>を読んでくださってありがとうございます。 …変な作品タイトルですみません(笑) 一応『秘密の花園』を意識してつけてみました。 名字にコンプレックスのある女の子の歪んだ結婚願望の顛末を書いた作品ですが、初めてこの作品を書いた時にはまだキラキラネームの弊害などが世間に広まっている頃ではなく、今になって改めてこの作品を見直した時に、これもある意味キラキラネームを厭がる子どもの心境に似ているのかなと思ったりもしました。 時代の先を行っていたか(苦笑) まぁ、苗字なのでまだ少しだけいいのかな? 望的に考えればまさに結婚すれば忌まわしい苗字とは縁が切れるわけですから。 でも名前はね…… 真剣に改名しようとしたら色々面倒くさい手続きが要りますよね。 私がこの作品を書いたのはそういったキラキラネームに対しての抗議の気持ちからというのは当然ながら全くありません。 執筆のきっかけは単に女の子って好きな男の子の名字になる憧れっていうのがあるよね、きっと──という処から始まって(私はそうだった)其れが少しおかしな方へ行ったら──という感じで肉付けしていった結果ああなったのです。 まぁ、いい歳をした今では苗字なんてなんでもいいがな、なんて思うのですが(変に擦れてしまった) 結構滅茶苦茶な作品でしたが単純に愉しんでいただけたら嬉しいなと思います。 そしてこの作品にも番外編があるのですが、其れはスター特典にさせていただきます。 最後のエピソードにあったパリにいるはずの如月先生が望と実之が結婚したこと、新居の住所を知った経緯が解る如月先生救済作品になっていますので興味がおありの方は是非読んでみてください。 最後(ここ)まで読んでくださってありがとうございました! *烏海香月*
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!