カボチャの馬車に誘われて

1/2
94人が本棚に入れています
本棚に追加
/7

カボチャの馬車に誘われて

祐希とワタシ、部屋のベッドの上で横に並んで腰を降ろしたまま、暫くの間、何も話さずに俯いてたっけ…。 最初に話し掛けたのは、祐希だった。 「お前、何時から此処で働いてるんだ?」 「…何時からでも良いでしょ。」 「それにしたって、どうして、俺に黙って会社を辞めたりしたんだよ?…それに、結婚するって話も嘘だったのか!?」 「…アナタが、浮気なんかするからでしょ?」 「俺が何時、浮気したって言うんだよ!」 「…だってぇ。」 ワタシ、瞳に涙を浮かべながら、新宿の町で祐希の姿を見かけた頃の話を、彼に話したの。 すると、祐希は全てを納得したかの様に、唐突に笑い始めてしまって…。 …何だか、不謹慎。 「…何だよ。そんな事くらいで、メソメソしたりするなって。俺の事、信用して無いのかよ。」 「じゃあ、聞くけど、あの女って誰なのよ?」 「お前には関係無い人だよ…。」 「…何、その言い方。…ひょっとして!?」 「分かったよ。一度しか言わないから、よぉーく聞いとけよ?」 祐希の話だと、ワタシには見知らぬ女に見えたその人物とは、彼の小学生時代のクラスメイトの中の1人の事で、祐希と一緒に遊んでいた頃は男の子の筈だったんだけど…。 そこから先は、アナタの想像にお任せするわね。 そこで…。 アナタって、パートナーシップ制度って知ってるかしら?…ワタシも、そこまで詳しくは分からないんだけれど。 それで、祐希のお友達は、…せめて、形式だけでも良いから、付き合ってる彼氏との間で指輪を交換したい。って言う事で、祐希と一緒に指輪を選んで貰ってたんだって。 …何とも、まぁー、紛らわしい話よねぇ? でも、何だか安心しちゃったかな、ワタシ。 「…御免ね、祐希。ワタシ、勘違いから早とちりしちゃってたみたいで。」 「何、言ってるんだよ。…お前の勘違いも早とちりも、何時もの日常茶飯事だろ?」 「………………。」 ワタシ、その時、勇気を出して、祐希の肩に頬を寄り添えて、そして、呟いたの。 「…ねぇ、祐希。初夜の晩って、別に、此処でも大丈夫だよね?」 「………………!」 すると、その時、祐希は唐突にワタシの肩を抱き寄せてから、そっと呟いたの。 「今日の俺は、ひょっとしたら、激しく燃えちゃうかもよ…。」 思わず、コクリと頷いて、眼を閉じるワタシ。 祐希の唇がワタシのそれに触れる瞬間…。 そして、祐希がワタシの上着のボタンを1つ1つ丁寧に外し、ワタシは上着を脱がされて、その次は下のスカートを。 …段々と、祐希の目の前で、真っ裸にされて行く姿に顔を赤らめるワタシ。 既に、下半身は脱ぎ捨てている祐希。 どさくさに紛れて、ワタシは祐希の肉棒に手で触れてみる。 …凄い。…既に勃起しちゃってる。 祐希のアレって、こんなにも大きかったんだ。 何故だか、ワタシの股ぐらも濡れ始めてる。 やがて、祐希はワタシの裸体を押し倒して、ワタシの太股と太股を彼の両脇に抱えて、勃起した彼の肉棒をワタシのアヌスに忍ばせて来る…。 「…なぁ。そろそろ、入れても良いだろ?」 「………うん。」 …いよいよ、なのね。 (ハァ、ハァ、ハァ。) …ワタシ、待ってたの。この瞬間が訪れるのをずっと、…待ってたの。…祐希ィィィ! 「…行くよ?」 祐希は、更に勃起し続けている彼の巨根を、半ば濡れかかっているワタシのマ○コに、勢い余って「ズブズブズブズッ」と根元まで押し込んで、そして、激しく腰を震い始める…。 …アァ、…アァ、…アアアアアァァァァァァァ! …あぁ、凄い。…生暖かいアレの感触が、アタシの子宮の奥まで、奥まで、奥まで。 …ダメッ、…ダメッ、…イッちゃう。
/7

最初のコメントを投稿しよう!