魔法使いの傘

無邪気に夢を信じていられなくなったのは、一体いつからなんだろう。

華三矢

青春 完結
14分 (7,967文字)
昔の気持ちを思い出すと、少しだけ前向きに進むことができるかもしれません。そんな小さな希望を感じていただければ嬉しいです。

4 121

あらすじ

高校三年生の六月。藤井は将来への漠然とした不安を抱えながら、高校生活における最後の一年を送っていた。 その日は雨が降っていた。放課後、傘を忘れた藤井は雨宿りのために部室を訪れる。そこには幼馴染の菅野

感想・レビュー 1

レビュー

何気ない日常の1コマですが、どこかふわりと心を温かくさせる、優しい話だと思いました。話の展開もわかりやすく、読んでいて「あぁ、こういう子供の時の何気ない思い出っていいよなぁ」なんて思える作品です。箒に
1件1件

この作者の作品